ビタミンC誘導体にもいろいろありますが、今回は「即効性」と「持続性」を合わせ持つ新世代ビタミンC誘導体をご紹介します。

APPS:アプレシエ
パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na
APPS(表示名称:パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)は、リン酸型ビタミンC誘導体(アスコルビン酸PS)にパルミチン酸を導入することにより、親油性を付与した新しい水溶性ビタミンC誘導体(両親媒性)です。

APPSは、既存のビタミンC誘導体に比べ、皮膚浸透性に優れており、皮膚のコラーゲン合成を促進し、アンチエイジング(抗シワ)効果が期待できます。

水溶性ビタミンCの即効性と、油溶性ビタミンCの真皮まで浸透し効果を発揮する性質をあわせ持ち、 従来の10倍から100倍以上の浸透率で真皮まで浸透する、最新型のビタミンC誘導体です。

活性酸素を除去し、シミやしわの改善、肌の透明感、ハリ、弾力のアップ、毛穴の引き締め、ニキビ予防などに効果的に働きます。

また、従来のビタミンC化粧品の欠点であった、塗ったあとのつっぱり感やべたつき感、乾燥、皮膚への刺激なども大幅に改善されました。